AGAは病院で育毛

育毛

AGAは非常に治りにくい薄毛であり、放置して改善することはほとんどありません。進行性が強いので、年齢に比例して薄くなっていきます。男性に見られる薄毛ですが、年齢を重ねても髪があまり減らないという方もいます。しかし、ひとたび発症すると完全に止めることは難しいので、育毛対策をして進行を食い止めていく必要があるでしょう。

初期の段階では育毛剤が役立ちますが、進行度合いによってはあまり効きません。進行が著しい場合は、病院でAGA治療を受けるのが好ましいです。AGAは男性ホルモンが影響しやすい薄毛であり、対処法としては脱毛酵素を阻害していくことが大切となります。そのためには発毛剤や男性ホルモン抑制剤などが必要になってきます。これらの治療薬は医療機関でないと入手ができないので、迷ったら医療脱毛がおすすめです。

AGA専門病院は保険の適用外ですが、原因を詳しく特定できるのが魅力です。原因がわかれば自宅での対策もやりやすくなるでしょう。無意識のうちに薄毛を促進する生活習慣を続けているのかもしれません。薄毛の原因を作らないためにも、病院で検査を受けて原因を詳しく把握しておきましょう。薄毛の治療では抜け毛を減らすのが先決となるため、抜け毛が増えてきた人も検査を受けてみる必要があります。