AGA治療で病院の処方

AGAの治療は専門の病院で行うことで、最適な薬を処方してもらえます。AGA治療で広く処方されているのはプロペシアです。プロペシアの主成分はフィナステリドで、ジヒドロテストステロンを生成する5αリダクターゼの働きを阻害します。ジヒドロテストステロンは抜け毛を促進する男性ホルモンで、AGAの原因と考えられています。1日1回の服用を毎日続けると、半年くらいで抜け毛が減るなどの効果を得やすいですファイザーも主成分がフィナステリドでAGAの進行を食い止めるメカニズムは同じです。

プロペシアの正規ジェネリック医薬品でプロペシアより安いです。フィナステリドが1mg配合されたタイプと0.2mgのものがあります。外用薬ではミノキシジルがあります。血行を促進することで頭皮や髪の毛に栄養が供給されるようになります。ミノキシジルには発毛効果も認められており、新しく生えてくる髪の毛も丈夫に育ちやすいです。

内服薬のミノキシジルタブレットは有効成分が血液中に含まれ全身に供給されるので、より高い効果を発揮できます。ただし長期服用でめまいや頭痛などの副作用も出やすくなるため、外用薬のミノキシジルしか処方しない方針の病院も多いです。

処方