AGAを病院で治療する患者

AGAは男性型脱毛症と呼ばれており、病院治療を受ける人は男性ばかりです。男性患者が多い理由として、脱毛酵素の分泌が多いことが挙げられます。頭頂部と側頭部ばかり薄くなるようなら、AGAと考えてよいでしょう。女性の薄毛はびまん性が主であり、全体的に薄くなっていきます。

患者

病院治療を決断するべきタイミングは、市販の育毛剤や発毛剤の効果が出ないときです。これらは即座に効果が出るわけではありませんが、6ヶ月継続して変化がない場合は効果なしと考えるのがよいでしょう。それ以上の使用を続けても、劇的に変化することは考えにくいです。薄毛治療は効果が出るまでに時間がかかりますが、大抵は3ヶ月くらいで何らかの結果は得られます。抜け毛が減少しても髪が増えない場合も、病院治療を検討するべきでしょう。

AGAは早ければ20代でも発生するので、早めに治療を検討することが大切です。若いから大丈夫と考えるのが一番よくありません。20歳くらいで発症して急激に薄くなっていく男性もいますから、年齢はあまり考えないほうがよいでしょう。AGAを病院で治療するメリットは、医療行為によって改善できることです。使用する発毛剤は市販品と比べて有効成分が多く、より発毛効果が高いものになっています。