AGAを病院で治療する費用

費用

薄毛や脱毛、そして自分自身の髪の毛のボリュームダウンが気になったら、AGAかもしれないと思う方も増えつつあります。病院で治療ができるようになったからこそ、早めに改善したいと考えるのは当然の事です。とはいえ、まだまだ治療のための費用は高いというイメージがついているので、悩む方も多いです。

AGAは保険適用外なので、自費診療となります。病院によってかなり費用は変わってきますので、治療を本格的にやろうと思っているのであれば、すぐに決めるのではなく幾つかカウンセリングを受けてみましょう。安心して治療ができるようにきちんと説明はしてくれます。

病院やどのような治療をするのかでも変わりますが、基本的には塗る外用薬や内服薬を処方しながら改善をしていきます。内服薬であれば1ヶ月分が約1万円前後、ジェネリックを利用するのであれば、約5000円前後ぐらいが目安です。発毛するための成分を注射するメソセラピーもありますが、1回が約2~3万円であれば安い価格帯です。

本格的な治療をする前に、初診料や血液検査をするなら検査料金なども別途かかってきますので、カウンセリングの時にしっかりと予算も話し合いながら納得できるAGA治療ができる病院を探しましょう。

AGA治療 病院の料金

料金

若い頃から抜け毛が激しく薄毛になってしまったと言う人はAGAである可能性を検討することが必要とされています。この状態を改善させるために病院で行われるようになったのが近年話題にもなっているAGA治療です。髪の毛の問題に対しては昔から様々な対応方法が検討されてきていましたが、飲み薬による治療を行うのはAGA治療がその先駆けであると言えるでしょう。

AGA治療では薬が使われますが、その目的は抜け毛の予防です。直接的に発毛効果が認められているものではないと言う点に注意をしておく必要があります。飲み薬による治療で抜け毛が発生しにくい体質にすることにより、結果的に本来持っている発毛力が髪の毛を蘇らせると言うのがAGA治療の本質です。そのため髪の毛が生える力が残っている段階で積極的に治療を開始することがとても重要であると言えるのです。

このような治療を受けるにあたって料金面については大きな関心事であると言えるでしょう。いわゆる健康保険を使用する保険診療ではありませんので、治療費については医療機関によってそれぞれ設定されていると言う性質があります。最も安い場合でも月額で10,000円程度は薬代として必要になると考えておく必要があります。より積極的に発毛を目指す場合には様々なサポートが行われますので、月額30,000円程度まで必要となる場合もあるのです。