病院でAGA治療

治療

AGAは、男性ホルモンのテストステロンが変化したDHTという物質が原因の症状で、日本人男性における発症頻度は約30パーセント程度と考えられています。基本的には、生理的な現象に過ぎないので健康に悪影響を及ぼすという心配はありませんが、最終的には生え際から頭頂部までの髪の毛が完全になくなるまで進行するので、見た目は大きく変貌してしまいます。このために、20代や30代といった年齢で進行してしまうと、精神的に大きなダメージを受けてしまうケースも少なくはありません。

ただし、現在ではAGAの進行を高確率で抑制する治療薬が開発されており、専門外来を用意している病院で処方されています。この治療薬の作用機序は、AGAの原因物質DHTの生産に関与しているⅡ型5α-reductaseという還元酵素の活性を阻害するというもので、厚生労働省が1年間かけて実施した臨床試験によると被験者の58パーセントに軽度改善以上、98パーセントに不変以上の効果が確認されています。

AGA 名古屋はこちらへ

さらに、2,016年には、これよりも強力な効果を発揮する治療薬も厚生労働省から承認されており、AGAの進行状況に合わせてアプローチが可能となっています。

帽子が手放せない

AGAは病院で頭皮に薬を注入

頭皮

薄毛の原因には遺伝やストレスなどが影響することもありますが、男性ホルモンが影響していることもあります。男性ホルモンが影響して薄毛になっている場合はAGAといわれる進行性の薄毛で、セルフケアで市販で育毛剤を塗るだけでは解消することはなく、逆にAGAの場合は薄毛が進行することがあるため薄毛に気づいたら早めに薄毛専門の病院などを受診して治療することが必要です。

成人男性に発症する進行する薄毛のAGAの特徴は、額の生え際、頭頂部が薄毛になる状態です。治療法は内服薬や外用薬を使った治療や、頭皮に有効な成分が配合されている薬を注入するHARG療法などがあります。

薬による治療は、薬に含まれる有効成分が薄毛の働きを促進する物質を抑制して脱毛を抑えることが期待できます。さらに頭に直接塗る外用薬は発毛因子を刺激するため発毛を促す効果があるため、内服薬と外用薬を併用して治療をすることが多いです。頭皮に直接薬を注入する治療法もあります。内服薬よりも薬が体内をまわることなく直接育毛や発毛の効果が期待でき、注射器を使わない方法を採用している病院もあります。毛髪再生医療のHARG療法は頭皮に直接薬を注入する方法で、人の幹細胞から抽出した細胞成長因子を主成分にして、細胞成長因子が毛根の細胞を活性化させて発毛を促進します。

注射